産婦人科医ひまわり先生のブログ

HRT:黄体ホルモンは出血するから飲みたくないです・・・?

HRT:黄体ホルモンは出血するから飲みたくないです・・・?

#更年期、HRT、イソフラボン

更年期症状でHRT(ホルモン補充療法)をする患者さん。

子宮のある方には、

子宮体がんを予防するために黄体ホルモンを飲んでもらいます。

HRTのベースになる女性ホルモンは

エストロゲン(卵胞ホルモン)です。

エストロゲンが更年期症状を緩和したり、

骨粗鬆症を予防します。

でも、エストロゲンだけを使用していると、

子宮内膜というところが厚くなって、

子宮体がん(子宮内膜がん)のリスクが高くなるので、

子宮のある方には黄体ホルモンを併用します。

黄体ホルモンには子宮内膜を薄くする作用があるからです。

子宮筋腫などで子宮が無い方は子宮体がんにならないので、

黄体ホルモンを併用する必要はありません。

黄体ホルモンを飲むとほとんどのケースで出血するので、

「出血の原因は黄体ホルモン」だと勘違いして、

「黄体ホルモンは飲みたくない」と言う方がいます。

それは間違いです。

どうして出血するかというと、

エストロゲンで子宮内膜が厚くなるからです。

内膜の肥厚を放置すれば子宮内膜増症や子宮体がんのリスクが高くなります。

HRTを継続する場合は、

黄体ホルモンで子宮体がんを予防することが必要です。

最近の投稿

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829