産婦人科医ひまわり先生のブログ

HPVワクチンができない国がある

HPVワクチンができない国がある

#がん(予防、検診、治療)#ひまわりレディースクリニック

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の接種者が少し増え始めました。

小学校6年生~高校1年生相当までは定期接種で無料です。

高校2年生相当~27歳(平成9年度生まれ)までは来年3月まで無料です。

接種の機会を逃した世代です。

キャッチアップ接種と言います。

2年前にキャッチアップ接種対象者には案内が行ってますが、

再度、自治体から再度案内がされたと思います。

HPVワクチンはとても高いワクチンです。

1回3万円、3回で10万円です。

それが無料でうてるわけですから、早めに接種してください。

4月に産婦人科学会があって、HPVワクチン関連の講演がいくつかありました。

その中で「HPVワクチンができない国がある」という話に衝撃を受けました。

できないってどういうこと?

HPVワクチンは冷蔵保存です。

冷蔵庫がない地域、電気がない地域、

HPVワクチンを保管することができません。

日本は先進国で豊かな国です。

なのに、HPVワクチン接種の普及が進まず、

先進国の中でも子宮頸がんが増え続けています。

電気もある、冷蔵庫もある日本。

HPVワクチンできるのに、しないなんてホントもったいない。

お早めにお願いします。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930