産婦人科医ひまわり先生のブログ

若い女性のやせと赤ちゃんへの影響

若い女性のやせと赤ちゃんへの影響

#妊娠、出産、産後#骨粗鬆症

やせて美しくなりたい♡

という願望はほとんどの女性が持ってますよね。

もち私もです。

でも実際は我慢できなくて食べちゃいます。

だからホントはやせるのって難しいはずなんだけど、

最近はやせた女性が増えてきました。

やせると骨が作られないとか、

骨粗鬆症になりやすいことがわかってますが、

次世代への影響も深刻なんです。

やせてる妊婦さん、

母親の栄養状態が悪いと、

おなかの中にいる赤ちゃん(胎児)は飢餓状態を経験します。

生まれたときの体重も2,500g未満の低出生体重児の割合が高くなります。

そういう子どもは、大人になってから

糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病や

うつ病などの精神疾患を発症しやすいことがわかってきました。

日本の女性は、世界的にみても、

とくにやせているといわれています。

食事のバランスが悪かったり、

やせるために糖質制限をしている人もいます。

将来妊娠を希望している方はやせすぎに注意しましょう。

妊娠するつもりはないという方も、

将来の自分の健康のために気をつけましょう。

60歳で骨折、寝たきりなんて嫌ですよね。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930