産婦人科医ひまわり先生のブログ

糖尿病 血糖のコントロールについて

糖尿病 血糖のコントロールについて

#脂質異常症、高血圧、糖尿病

私の父は糖尿病で、私もその傾向があるので気をつけてます。

糖尿病それ自体は無症状なので検査をしないとわかりません。

放置すると血管が硬くなり、目や腎臓、心臓などの合併症が問題となります。

糖尿病が原因による失明、透析などを予防するには血糖のコントロールが重要です。

HbA1cという検査項目があります。

「ヘモグロビンAワンC」といいます。

過去1~2カ月の血糖値を反映する検査です。

HbA1cは6.0未満が正常です。

私は健康診断で、HbA1cが6.1という値だったことがあり、それから注意するようになりました。

食事で気をつけるのは、血糖を上げやすい食品を控えること。

糖尿病というと甘いものを控えましょうとよく言われますが、三食の食事でも気をつけたいことがあります。

白いご飯や白いパンが血糖を上げやすいので、普段のご飯は玄米にしてます。

今年度も抜き打ちの職員健診がありました。

「先生、今日職員健診しますから、お昼食べる前に血液採らせてください」

と、朝急に言われました。

何となく自信があったので、オーケーして採血しました。

HbA1Cは、5.6でした。

よかった。

私のような若い人では血糖のコントロールは重要です。

6月で還暦。

若くないですが、人生90年を考えると50代、60代は若いになります。

父のような高齢者の血糖コントロール目標値は違ってきます。

高齢者の血糖コントロールは次のような目安があるようです。

HbA1C 7%未満を維持していれば合併症は起きにくい。

要介護などで厳格な管理や治療が難しい場合もあります。

その場合は7%にこだわらず、病状や理解力、生活状況に合わせて、場合によっては目標値を8%未満にすることもあるそうです。

最近の投稿

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829