産婦人科医ひまわり先生のブログ

痛み痒みが無くても受診しよう!

痛み痒みが無くても受診しよう!

#がん(予防、検診、治療)

先日、腫瘍を専門にしている先生とオンラインで話す機会がありました。

がんの治療現場では、進行がんの患者さんが増えているとおっしゃってました。

コロナ影響による受診控えが以前から指摘されていましたが、進行がんの増加はそれが原因かもしれません。

痒い、痛いは直接生活に支障をきたす症状なので、比較的皆さん受診してくださいます。

腹痛の強いものは時々入院が必要なケースもありますが、多くは外来で対応可能です。

婦人科の病気では、子宮頸がんや子宮体がんは初期に見つけることが可能です。

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんです。

初期は無症状なので、検診が重要です。

定期的な検診を受けることで、がんになる前の、軽い異常の段階で見つけることができます。

一方、子宮体がんは子宮の奥(内腔)にできるがんです。

初期から不正出血の症状があります。

閉経前後から閉経後にかけて増えるがんなので、そのくらいの年齢の方で、不正出血がある場合は受診してください。

卵巣がんは初期に見つけるのは難しいと言われていますが、年1回の超音波検査で見つかるケースがあります。

症状がなくても検診を受けることは大事ですし、不正出血や出血が続く場合は受診してください。

受診控えは婦人科に限ったことではありません。

婦人科以外のがん検診や健康診断も受けるようにしましょう。

最近の投稿

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930