産婦人科医ひまわり先生のブログ

産婦人科医の願い

産婦人科医の願い

#がん(予防、検診、治療)

作成中のHPVワクチンリーフレットの一部をご紹介します。

ご紹介するページは、仲間の産婦人科医が熱い思いで執筆したものです。

わたしたち産婦人科医師は、HPVワクチンとがん検診の併用で

この様な患者さんを一人でも減らしたいと願っています

  • がん検診で浸潤がんが見つかった時、Aさんは32歳。
  • 1歳と3歳の女の子のママでした。
  • 妊娠中に受けたがん検診は異常がなかったのでショックでした。
  • すでに手術ができない状態で、
  • 抗がん剤や放射線治療のため入退院を繰り返しました。
  • 一時は回復したものの、転移が見つかり2年後に娘たちを残して他界されました。

子育て世代の女性を襲う子宮頸がんは、マザーキラーと呼ばれています。

  • 24歳のBさんは、待望の第一子を妊娠。
  • 喜びもつかの間、妊娠初期の検診で浸潤がんが見つかりました。
  • Bさんの命を救うためには、できるだけ早い手術が必要でした。
  • 子宮は16週の赤ちゃんが入ったまま摘出されました。

30代までにがんの治療で子宮を失ってしまう女性は、年間1000人です。

  • Cさんは28歳の時に高度前がん病変と診断さました。
  • 定期的な通院検査中、30歳で初期のがんに進展し、
  • 円錐切除術(子宮の入り口の一部を切除)を受けました。
  • 32歳で妊娠。
  • 早産徴候がみられたため約2か月間入院し、
  • 予定より2か月早い32週での出産となりました。

円錐切除術を受ける人は、年間1万4千人。子宮は残せますが、術後に妊娠した方の20%が早産となります。

日本でもHPVワクチンを接種した世代がいますので、ワクチンの効果が報告され始めてます。

HPVワクチンで高度前がん病変が約80%減ったという報告もあります。

子宮頸がんはワクチンと検診で予防できるのです。

最近の投稿

カレンダー

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930