産婦人科医ひまわり先生のブログ

生理になっちゃった、明日は試験なのに・・・

生理になっちゃった、明日は試験なのに・・・

#低用量ピル、月経

「鎮痛剤は早めに飲む」

月経痛(生理痛)がつらい女性にとって、

大切なイベントと月経が重なるとショックですよね。

私もそうでした。

我慢するしかなかった。

集中力を上げて、痛いことを考えないようにしてました。

痛みに対して「気合だ!」なんて・・・

「あなた、何考えてるの?」と当時の自分に言いたくなります。

今はそんな時代ではありません。

月経をずらすとか、痛み止めを使うなんて当たり前。

でも、直前の月経調節はうまくいかないこともあります。

それから、試験に月経は当たらないと思っていたのに、

早く来ちゃったとか、

なかなか来ないなと思ったら

「え~生理になっちゃったよ~明日は試験なのに・・・」

なんていうこともあります。

そんな時は鎮痛剤を上手に使いましょう。

鎮痛剤は早めに飲むことがポイントです。

痛みの原因はPG(プロスタグランジン)という物質です。

月経の時に剥がれ落ちる子宮内膜で作られます。

鎮痛剤はPGの産生を抑えます。

だからPG(痛みの物質)が作られる前に鎮痛剤を飲むのが大事です。

アッ生理が来そう(来ちゃった)と思ったらすぐに飲みましょう。

我慢するのは正しくありません。

PGが作られてしまったら、鎮痛剤の効果は下がります。

我慢しないで早く飲む。

1日3回(あるいは2回)しっかり飲む。

やってみましょう。

最近の投稿

カレンダー

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031