産婦人科医ひまわり先生のブログ

漢方 生薬は何が入っているのかな?

漢方 生薬は何が入っているのかな?

#漢方

昨日は月経痛の処方に「きゅう帰調血飲第一加減」というのがあり、

エキス剤の当帰芍薬散と桂枝茯苓丸を合わせると、似たような処方になるという話をしました。

実際に2種類のエキス剤を合わせるとどうなるのでしょうか?

【当帰芍薬散】

当帰、芍薬、センキュウ、朮、茯苓、沢瀉

【桂枝茯苓丸】

桂枝、茯苓、牡丹皮、桃仁、芍薬

それぞれの生薬の働きを見てみましょう。

① 当帰、芍薬、センキュウ・・・平滑筋の鎮痙作用(子宮の収縮をしずめる)

② 桃仁、牡丹皮・・・うっ血(お血)を除く

③ 朮、茯苓、沢瀉・・・水をめぐらせる(利水作用)

④ 桂枝、当帰、センキュウ・・・血行をよくする

このように2種類のエキス剤を合わせると、子宮の収縮を抑えて、お血を除き、血行を良くして月経痛を改善する処方になります。

ただし、便秘がある場合は他の漢方、桃核承気湯や通導散などが処方されることがあります。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930