産婦人科医ひまわり先生のブログ

海外の女性アスリート ピルは当たり前

海外の女性アスリート ピルは当たり前

#低用量ピル、月経#運動、スポーツ、平和

「女性選手のヘルスケアを考える」オンラインカンファレンスが本日13時からありました。

診療終了後、途中から視聴しましたが、最後に元プロテニス選手、アテネオリンピック日本代表

森上亜希子さんのお話がありました。

アメリカで活動をされていたので、22歳からピルを服用しはじめ、引退するまで内服していたそうです。

当時日本ではタブー視されているようなところがあり、周りでピルを服用している選手はあまりいなかったそうですが、

アメリカ、海外ではピルは当たり前。

アスリート、特にトップアスリートはドーピングの問題もあるので、口から入れるものには神経質にならざるを得ないそうですが、ピルはドーピングにはなりません。

そんな話をしてくださいました。

こちらをご覧ください。

オリンピック選手のピル使用率です。

月経痛の改善だけでなく、

パフォーマンスの向上目的でピルを上手に使えるといいですね。

最近の投稿

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031