産婦人科医ひまわり先生のブログ

月経痛で吐いちゃった・・・

月経痛で吐いちゃった・・・

#低用量ピル、月経

月経痛ってお腹が痛くなるだけでなく、

吐いちゃうこともあります。

それは「プロスタグランジン」っていう痛みの物質のせいです。

月経は妊娠しなかった結果、

子宮内膜が剥がれて出血してきます。

その子宮内膜でPG(プロスタグラン)は作られます。

PGは平滑筋(へいかつきん)っていう筋肉を収縮させます。

平滑筋のある臓器は・・・子宮、消化管など

皆さんお分かりでしょうか?

PGの作用で子宮が収縮して腹痛が起こります。

胃も収縮して吐いちゃうことがあります。

「生理の時に気持ち悪くて吐いちゃった」

「痛み止め飲んだけど、吐いちゃった」

と言って受診される患者さん少なくありません。

治療方法は二つ。

1.痛み止め(鎮痛剤)を早く飲む

鎮痛剤はPGの産生を抑えます。

PGが作られてから飲んでも聞きません。

痛くて飲んで吐いちゃうのは飲むのが遅かったからです。

生理の出血が始まったらすぐに、

あるいは出血する前でも「生理になりそう」って感じたらすぐに飲みましょう。

2.低用量ピルやジェノゲスト(黄体ホルモン)で治療する。

ピルやジェノゲストは子宮内膜を薄くさせる作用があります。

子宮内膜が薄くなれば、産生されるPGも減ります。

我慢したってな~んも良いことありません。

早めに婦人科で相談してくださいね。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930