産婦人科医ひまわり先生のブログ

子宮頸がん排除に向けて、海外の状況

子宮頸がん排除に向けて、海外の状況

#がん(予防、検診、治療)

子宮頸がんを予防できる「HPVワクチン」の積極的接種勧奨が4月から再開されました。

2013年6月に積極的勧奨が控えられてから、約9年ぶりです。

ようやくスタートにたったような気分です。

その間海外ではどのような変化があったでしょうか。

世界保健機構(WHO)は15歳までに90%以上の女子がHPVワクチンを接種するという目標を掲げています。

HPVワクチン接種が進んでいるスウェーデンからの報告では、

17歳までのHPVワクチン接種により、未接種者と比べて約88%の浸潤子宮頸がんの減少効果がありました。

同様の結果は、イングランドやデンマークからも報告されてます。

実は、日本でもHPVワクチンの接種効果が報告されているのです。

日本の接種率もかつて約8割ありました。

その時に接種した女性は、接種してない女性に比べて、高度異形成以上が91%減少してます。

2013年6月以降、接種を逃してしまった女性はすでに17歳を超えていますが、これからでも接種する意義はあります。

高校2年生相当以上でも、平成9年度生まれ以下の方は定期接種と同じワクチン(2価または4価)を無料で接種できます。

これをキャッチアップ接種と言います。

そのうちに各自治体から個別通知が送られてきますが、4月1日から接種が可能です。

最近の投稿

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829