産婦人科医ひまわり先生のブログ

動脈硬化とHRT(ホルモン補充療法)

動脈硬化とHRT(ホルモン補充療法)

#更年期、HRT、イソフラボン#脂質異常症、高血圧、糖尿病

HRT(ホルモン補充療法)は更年期障害の治療法で、骨粗鬆症の予防効果もあります。

さらに、上手く使えば動脈硬化も予防できます。

上手く使えばというのは、使い始めるタイミングのことです。

「タイミング仮説」というのがあります。

閉経前後に開始されたHRTは動脈硬化のリスクを低下させる。

閉経後長期間が経過してから開始されたHRTは、動脈硬化のリスクをむしろ上昇させる。

つまり、動脈硬化のないきれいな血管の状態でHRTをすれば動脈硬化は予防できるけど、

一旦、動脈硬化できてしまった状態でHRTをすると動脈硬化が進行する可能性があるということです。

これ、うそのようでホントの話。

それでは、閉経後10年後の女性とか、60歳の女性にHRTを開始すると危険なのでしょうか?

「タイミング仮説」からすれば慎重にということになるでしょう。

でも、そんなに単純ではありません。

つまり、一人一人違うからです。

高血圧や脂質異常症を放置して、50歳なのに既に動脈硬化が起こっている方がいます。

一方、60歳なのにきれいな血管の方もいます。

私も血圧の薬しっかり飲んでいるので、もうすぐ60歳ですが、血管きれいです。

だから、60歳以上、または閉経後10年以上の女性であっても、動脈硬化がなければ、

「明確な適応があり、そのベネフィット(利点)がリスクを上回る場合」にはHRTが可能です。

その逆に、閉経前後からのHRTは安全だといっても、すでに動脈硬化になっていたら注意が必要です。

あ~~、やっぱり年1回の健康診断、高血圧、脂質異常症、糖尿病の早期対応は重要ですね。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930