産婦人科医ひまわり先生のブログ

ホルモン治療を卒業♡

ホルモン治療を卒業♡

#子宮内膜症/腺筋症、子宮筋腫

このところホルモン治療を卒業する患者さんが続きました。

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症。

いずれも閉経までの病気です。

(注:中には閉経後もフォローが必要な場合があります。)

月経痛、過多月経、月経のトラブルに苦しんでた患者さんにとって、ゴールは閉経です。

もちろん手術という方法もあり。

友人のAさんは、子宮筋腫で過多月経、貧血、膀胱(尿道)を圧迫して尿閉にまでなってしまいました。

(尿閉:尿が出なくなること)

手術で子宮を取ったらとても楽になったと言ってました。

ホルモン治療にはいろいろあります。

閉経したら治る(縮小する)病気なので、閉経状態にする治療。

子宮内膜を薄くして出血を減らす治療。

BとCの治療を交互にする場合もあります。

ホルモン治療中は卵巣は眠った状態になるので、閉経かどうか判断するのはちょっと難しい。

そろそろ閉経かな?と思って、薬を減量したら痛みが再発したとか、いつまで治療を続けるかは個人差があります。

もう大丈夫。

閉経したね!と患者さんも私も同意したらだいたい大丈夫な感じです。

外れることもありますが・・・。

「よく頑張ったよね~」

患者さんも嬉しいし、私も嬉しい。

ホルモン治療卒業 おめでとう♡

最近の投稿

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829