産婦人科医ひまわり先生のブログ

ピアス

ピアス

#その他

学生の頃ピアスが流行りました。

40年前の話です。

今は鼻とかヘソなどもありですが、

当時は「親からもらった体に穴をあけるなんて」と

批判的な意見もありましたね。

東京の大学に通う友だちがピアス開けたというのでさっそく上京。

友人と同じものを購入して、パチンとやったのを覚えてます。

保冷剤なんてなかったから、氷で冷やしたかな。

消費税もなかった頃で、ピアス開け器購入代5,000円。

せっかく開けたピアスなのに、育児などで子どもを抱っこするようになると、邪魔なんですね。

子どもが耳のピアスを触ろうとするので、いつの間にかつけなくなりました。

歓迎会や送別会、納涼会、忘年会、結婚式など特別な日だけ付けていた時期もありましたが、

面倒になってそのまま数十年経ち、いつの間にかピアスホールはふさがってしまいました。

ところが、先日たまたま本の整理をしてたら「蛇にピアス」が目に留まりました。

それがきっかけと言うわけでもないのですが、もう一度開けようかなと、ぼんやり思い始めたわけです。

40年前の頃を思い出し、あの頃は若くてお金もなかったし、自分で開けたけど、左右位置がずれてたなとか、

今度開けるなら美容形成とか専門の医療機関がいいなとか考え、

先日行ってきました。

ファーストピアスは4種類あって、どれにしますか?と聞かれたので、

どれにしようか悩んでたら、

「高校生は目立たない方がいいというので、これを選ぶ子が多いですよ」

(へえ~高校生も来るんだ。アルバイトでお金貯めて来るんだろうな)

「じゃあそれでお願いします」

丸いシルバーのピアスをつけてもらいました。

開け方は自分でやったのと同じ、パチンです。

ミリ単位で定規で位置を決めてくれたので、

お金はかかりましたが、左右対称にできたので喜んでます。

最近の投稿

カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031