産婦人科医ひまわり先生のブログ

ビタミンDは妊娠率を上げる

ビタミンDは妊娠率を上げる

#妊活、不妊

ビタミンDは骨にはとても重要な栄養素。

ビタミンDが不足すると、子どもではくる病という、骨が脆くなる病気になります。

また、骨粗鬆症の予防や治療にビタミンDは欠かせません。

ビタミンDが多く含まれる食品といえば、お魚や干しシイタケなどですが、

日光浴をすることで皮膚でつくられます。

紫外線はお肌に悪いからといって太陽の光を避ける方がいますが、

適度な日光浴はビタミンDをつくるために重要です。

骨にとって大切なビタミンDですが、妊娠にも影響するって知っていましたか?

ビタミンDをとることで、流産率が下がって、妊娠率が上がるというデータがあります。

ビックリです。

妊娠とビタミンといえば、葉酸のことはよく話題にあがります。

葉酸は二分脊椎などの神経管閉鎖障害のリスクを減らすということで、妊娠前からの摂取が推奨されてます。

そのため、妊活中の方で葉酸のサプリを飲んでいる方は多いと思います。

ついでにビタミンDも取って下さい。

サプリメントで取るのもいいですが、天気の良い日に外を歩いたらいかがでしょうか。

もうすぐ立春、春はすぐそこです。

最近の投稿

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829