産婦人科医ひまわり先生のブログ

シルガード9 15歳になる前に始めれば2回でいい

シルガード9 15歳になる前に始めれば2回でいい

#がん(予防、検診、治療)#子育て、思春期

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)には

2価、4価、9価ワクチンの3種類があります。

そのうち9価ワクチン(シルガード9)は

子宮頸がんの原因となるHPV16・18・31・33・45・52・58型の感染と

尖圭コンジローマの原因となるHPV6・11型の感染を予防します。

自費で接種すると1回約3万円するワクチンですが、

今年の4月から定期接種に加わりました。

小学校6年生~高校1年生まで無料で接種できます(※)。

HPVワクチンは3回接種が基本でしたが、

シルガード9は15歳になる前に1回目を接種していでば、2回で接種完了になります。

2価、4価ワクチンはどうなの?

どうして15歳未満なの?

3回うった方が免疫上がるんじゃないの?

と疑問に思いますよね。

それは臨床試験の結果によるものです。

・使用したワクチンはシルガード9

・対象は9~14歳の女性

・2回接種と3回接種で有効性に変わりはなかった

詳しくは厚労省のHPをご覧ください。

問4-2. 年齢によってシルガード9の接種回数が異なるのはなぜですか?

デリケートな思春期女子に接種するワクチンです。

しかもコロナワクチンと同じ筋肉注射。

痛い回数は少ない方がいいですね。

(※)キャッチアップ接種について

高校2年生以上でも、接種の機会を逃してしまった女子は

2024年度まで無料で接種できます。

対象は平成9年度生まれ~平成18年度生まれ

誕生日が1997年4月2日~2007年4月1日生まれの女子です。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930