産婦人科医ひまわり先生のブログ

「きのうのオレンジ」

「きのうのオレンジ」

#読書、本

最近また本を読み始めました。

出版社に勤務している後輩のお薦めの一冊。

「号泣しちゃいました。」と言ってましたが、

私も少しウルウルしてしまいました。

主人公は30代の笹本遼賀。

都内のレストランで店長として働いていた。

胃の不調で受けた検査結果は胃がんだった。

病院で出会った看護師は高校の同級生、矢田泉さん。

遼賀には双子の弟、恭平がいる。

遼賀と恭平は15歳の頃、雪山で遭難した。

その時に遼賀が履いていたのがオレンジ色の登山靴。

作者の藤岡陽子さんのことを始めて知りました。

看護師の資格をもつ作家さんでした。

患者さんと接する仕事をされていたからこそ、

優しさに溢れた小説が書けるんですね。

病気は絶望なんかじゃない。

「おれはまだ生きたい」

希望なんだと思えるような一冊です。

最近の投稿

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930